ffxiv

[FFXIV] Scholar Lv.30



竜騎士はジョブクエストを二つ残している状態で育成を中断しました。やはり、ジャンプの「コレジャナイ感」が拭いきれず…。近接 DPS はモンクが居るし、装備もそれなりに揃いつつあるので、別に竜騎士を優先して育てるまでもないかと。

そんじゃ、次は呪術師上げて黒魔道士…とも思いましたが DPS ばかり上げても仕方ないし、装備につぎ込めるリソースも限られているので、手付かずのヒーラー、その中でも今回は「学者」を目指すことにしました。

学者のベースとなるクラス「巴術士」はカーバンクルを使役する、所謂「ペットクラス」でロールは DPS 扱いになります。現状では巴術士だけが二つのジョブに分岐するようになっており、もう片方は「召喚士」になります。召喚士の方が巴術士でのプレイスタイルをそのまま引き継げるはずなので、すんなり移行できるんじゃないでしょうか。

ジョブクエストの受注条件は、「巴術士のクラスクエストを全て終了させ、且つ幻術士のレベルが15以上であること」ですので、巴術士レベル26辺りから並行して「幻術士」も上げていました。

巴術士は MP の回復手段が豊富であることと、主な攻撃魔法が DoT である為、長期戦に非常に強いという特徴があります。ガンガン攻撃しても MP が枯渇してしまうような場面はほぼありません。一方、幻術士は MP の回復手段を持たず、攻撃魔法の種類が少なく燃費も悪い為 MP 管理が大変です。ボス系 FATE で攻撃しっぱなしのような場面だとすぐに MP が枯渇してしまいます。

パーティーでのヒーラーロールは、幻術士も含めて一度もやっていませんので、まずはハウケタ辺りの ID を周回して感覚を掴むところから始めていきましょう。ヒーラー入門としてハウケタってどーなのって感じですけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>