[TSW] Weapons, Abilities, Builds

Templars 本部で九種類の武器を試します。ひと通り試したら気に入った武器を一つだけ選んで、いよいよストーリーミッションの開始となります。

武器は Range, Melee, Magic の三系統に分類され、各系統には三種類の武器が用意されています。TSW には明確なクラスやロールの概念がありませんが、それぞれの武器(二つまで同時に装備可能)とアビリティの組み合わせによって、各ロールをこなせるようになっています。例えば、Melee weapon の Hammer は Tank 用のアビリティと DPS 用のアビリティが用意されていますし、Magic の Blood Magic は Healer 用のアビリティと DPS 用のアビリティが用意されています。

アビリティはアクティブアビリティ、パッシブアビリティをそれぞれ七つまで装備できます。パッシブアビリティも取捨選択が必要になってくるのは面白いですね。

オートアタックや通常攻撃のようなものはなく、攻撃は全てアクティブアビリティを発動させることで行います。基本的には各武器のリソースビルダー(攻撃する度にリソースが貯まる)を連打して、貯めたリソースを使って大ダメージを与えるアビリティを発動する…という流れになります。

経験値を貯めるとアビリティのアンロックに使用する AP とスキルのアンロックに使用する SP が獲得できます。AP の方は結構モリモリ貯まりますので、序盤であれば武器の乗り換えも可能といえば可能です。ただ、上級 (Tier 2) のアビリティになると、一つアンロックするのにかなり沢山の AP が必要になります。

これは Ability Wheel 画面で、取得できるアビリティの一覧です。内側のリングが Tier 1 アビリティ、外側のリングが Tier 2 アビリティ。Tier 2 へアクセスするには、その武器カテゴリの Tier 1 アビリティを全部取得しなければなりません。

アビリティはかなりの数がありますので、最初は何をどうすれば良いか分かりません。そんな時は左端にある “Decks” タブを開いてみましょう。Deck はオススメのアビリティ構成みたいなもので、特定のロールをこなせる組み合わせだったり、アビリティ同士のシナジーが考慮されている組み合わせだったりします。

名称の前に (Starter) と表示されている Deck は Tier 1 のアビリティだけで完成するようになってますので、とりあえずはコレを目標に育成を進めていくと良いでしょう。Deck が完成すると報酬としてコスチュームが貰えますから見た目で選んでも良いですし、最初に選んだ武器が対応しているモノを選んでも良いでしょう。上の SS は Hammer と Assault Rifle を扱う Punisher という Deck のコスチュームです。

Starter 以外の通常の Deck は Tier 2 のアビリティが必要です。ちなみに、通常の Deck は所属している秘密結社毎に異なります。

Deck の完成に拘る必要はなく、オリジナルのビルドを考えるのも面白いです。現状、私は Warlock という Deck を目指して育成していますが、まだまだ AP が足りないので Warlock の完成形を参考にしたオリジナルのビルドになっています。Hammer はブロックと状態異常、Chaos は回避に特化させ、受けるダメージを軽減するようシナジーを組んでいます。

同じ武器の組み合わせでも取得するアビリティ次第で全く違うロールを担うことも可能で、この辺を突き詰めるとかなり面白そうです。ギアとアビリティは幾つか登録しておくことが出来ますので、余裕が出てきたら状況によってビルドを使い分けることも可能になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>