[DAI] Dragonslayer

DragonAgeInquisition昨日、ドラゴンスレイヤー・エキスパンションが配信されました。Origin からダウンロードできます。

DragonAgeInquisitionドラゴン退治が体験できるマップは「フェレルデンの城」のみ。それからドラゴンの種類も指定することが可能です(ランダムも可)。

DragonAgeInquisition道中に登場する敵はいつもと同じでヴェナトリ、赤いテンプル騎士団、悪魔の三種類からランダムでピックされます。物資を回収しろ、伝令を守れなどのミッションも発生します。

DragonAgeInquisitionDragonAgeInquisitionDragonAgeInquisitionフェレルデンの城のマップの構造がこれまでと少し変わっていて、エリアごとの広さは小さいものの、立体的で少し複雑に入り組んでいます。エリアの攻略も、以前までだとたむろっている敵を殲滅しながらドンドン先に進む形式でしたが、フェレルデンの城では逆に四方から敵が攻め寄せてきます。それに加え、上空を旋回しているドラゴンからはブレスが飛んできますので、てんやわんやのお祭り騒ぎとなること必至。

DragonAgeInquisitionDragonAgeInquisition最終第5エリアでドラゴンと戦うためには、第3エリアのゴール付近にある「古代のゴング」「竜の呼び声」で鳴らす必要があります。「竜の呼び声」は武器の生産画面から作成する事が可能で、一度使うと壊れてしまう使い捨てのアイテムとなっています。「竜の呼び声」はメンバーのうち一人が鳴らせば良いので全員が持っている必要はありませんが、案外、誰も持っていない事があるので(というか、まだドラゴンスレイヤーの仕様を理解している人が少ない?)、ドラゴンと戦いたいなら持参した方が吉。

もし、第3エリアで「古代のゴング」を鳴らさないまま最終第5エリアに到達した場合は、いつもと同じように審問会の旗を立てて敵勢力のボスと対決することになります。ただし、ドラゴンのブレスは相変わらず降ってくるのでご注意を…。

DragonAgeInquisitionまた、第4エリアで全滅した場合は当然ドラゴンと戦うことは出来ないのですが、使用した「竜の呼び声」は戻ってきません…鳴らし損です。第4エリアはなかなか激しい戦闘になるので、難易度脅威以上だとメンバーによっては抜けられないことも少なくありません。

DragonAgeInquisition第3エリアでゴングを鳴らし、第4エリアを無事に通過できれば、いよいよドラゴンとの対決です。シングルプレイの時と同じように、頭と四肢を個別に攻撃可能で、四肢に一定のダメージが蓄積すると怯んだりダウンしたりするようです。

DragonAgeInquisitionある程度ドラゴンにダメージを与えると飛び立ち、二つある塔の一つに避難しブレスでの攻撃を開始します。それと同時にドラゴンパピーが多数出現するので手早く倒していきましょう。当然ですが、近接攻撃はドラゴンには届きません。

ドラゴンが塔に避難している間、その向かいにある投石機を使うと大ダメージを与えることが出来ます。迅速に操作を始めないと間に合いませんので、狙う場合はドラゴンパピーの相手はせずに速攻で投石機へダッシュしましょう。投石機操作中は当然無防備なので、他のメンバーのサポートが欲しいところ。

DragonAgeInquisitionこのパターンを何度か繰り返せばドラゴン討伐完了となります。GJ Team!!

Dragonslayer FAQ
blog.bioware.com/2015/05/05/dragonslayer-faq/

ドラゴンスレイヤーの FAQ がこちら。英語ですが日本語のものはあるんでしょうか、未確認です。ドラゴンを呼び出す手順などはこちらにも書かれています。

気になるドラゴン討伐の報酬ですが…

難易度簡単:
– ゴールド
– アイテム、新しいドラゴン武器が出現する可能性がある。
難易度脅威:
– ゴールド
– アイテム、レアなドラゴン武器(青色)と新しいクラスの鎧が出現する可能性がある。
難易度危険:
– ゴールド
– アイテム、ユニークなドラゴン武器(紫色)と更に新しいクラスの鎧が出現する可能性がある。

DragonAgeInquisitionということで、新しいクラスの鎧はデュエリスト以外のものを引いて全てアンロックできました。ドラゴン武器に関しては青色のものは見たことがありますが、性能的には全く使いものにならないレベルでした。アイテムレベル16くらいだったかな?やはり難易度危険でドラゴンを倒さなければなりませんね。尚、FAQ によるとドラゴン武器はストアの宝箱からも出てくるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>