[ToS] Road to Necromancer: 5 (ネクロ育成日記: 5)

ToSヘアカラー、アッシュグレイのサンプル

女神ラダ編

ToSデルムーア編を完了すると、次は女神ラダ編のクエストに突入します。毎度のように魔族に捕らわれているので救出し、魔将を倒してめでたしめでたし。これでオルシャ側のメインクエストは一通り終了し、セイルの森からフェディミアンへ入ることができます。

ちなみに、デルムーア編は主要なメインクエストを終わらせた後にサイドクエストや反復クエストが出現するようになっています。経験値カードが足りないなら回しておくべきですが、クラペダ側をしっかりやり込んでいればスルーしても構わないでしょう。

魔術師の塔…?

ToSセイルの森からフェディミアンに入るとグリタさん出現。魔術師の塔のメインクエスト開始フラグとなる方です。クラペダ側から入った時はまだ居なかったのでレベル105前後で出てくるものと思われます。

魔術師の塔は結構ハードなのでもう少しレベルを上げてから攻略する予定。ココでは塔の入り口で合流すると約束するだけで終わります。

ペレトリーの丘~ゲナル平原

デルムーア荘園の北東からペレトリーの丘へ進んで順番にサイドクエストの消化とマップ開拓を進めました。後半のパサカ峡谷、マナハース、ゲナル平原の反復クエストで2セット目のプラチナアクセサリーセットが揃うので、クラペダ側で揃えてなかった場合は是非。

カーティン森~サクニス平原

90ID でレベル110くらいまで上がっていたのでちょっと寄り道。ターネット花園の女神像からまっすぐ北上すればOK。本来、このルートは魔術師の塔攻略後に誘導されることになります。徐々に適正レベルのマップを消化しきってしまい、行くところがなくなります。

ToSこのあたりからレベル6経験値カードが貰えるようになりますので大事に取っておきましょう。使うタイミングはレベル160後半からランク6転職までスキップする時です。

経験値カードラッシュ~ランク5転職

ToS90ID とシャウレイミッションを欠かさず三周してレベル120に到達したので溜め込んだ経験値カードを放出します。

ToSレベル4経験値カード289枚レベル5経験値カード452枚…渋りすぎですね。特にこだわりがなければもっと早いタイミングで使ってさっさと転職すべき。なお、今回もアルデダガーは出ませんでしたふぁうく。

ToSオルシャ側のリンカー C2 転職クエストは適当に敵を倒すだけで終わりますので割愛。余らせていたスキルポイントでジョイントペナルティをレベル10まで上げて、順次ハングマンズノットを上げていく方針で。リンカーは基本的にこの二つのスキルしか使わないので、余ったポイントは振らずに放置しておいても問題ないと思います。

転職まで上げてもまだ経験値カードが余っていたのでテーブルリセットの掛かるレベル136まで上げてしまいました。それでもまだレベル5経験値カードが98枚も…。

大又の道~起源の森

フェディミアンの北東出口から大又の道へ進み、130ID と 145ID の入り口がある起源の森までのマップを開拓します。起源の森の北側、アプシメスティー交差路のサイドクエストまで完了すると五つの大罪のネックレスを貰うことが出来ます。それぞれステータスを10上げる効果があるので装備している人は装備しているらしいです。まぁ、魔法防御力との兼ね合いになりますので臨機応変に。

ToS道中、フィルグリムの野道で南北に寄り道。北にはサルラス修道女院があり、正式サービスで実装された防衛戦とやらに挑戦できるらしいです。南にはルカス高原に繋がるミュラス通路があり、ここにネクロマンサーマスターが居ます。両方共ヴァカリネ女神像が設置されていますので活性化しておくと良いでしょう。

今後の進行ルート

ToS起源の森まで開拓した段階でフレンド諸氏と一緒に魔術師の塔を4階まで攻略。最上階の5階もすぐに終わらせられると思います。その後は 130/145ID とシャウレイミッションを回しながらレベルを上げてから本堂(大聖堂)のメインクエストを進めて行くことになります。ココはココでまたタフなダンジョンなので、出来れば周囲と協力して進めていきたいところ。

レベル150くらいになれば魔族収監所のメインクエストと周辺のサイドクエストを終わらせて、再び経験値カードラッシュを掛ければ念願のランク6、ネクロマンサーへの転職が見えてくると思います。

ぼちぼちネクロマンサーのスキル振りも考えておかねばなりません。既にあちこち情報収集は始めていますが、やはり実際に使い勝手を確かめてみないと決めきれない部分も多いですのでなかなか難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>