[ToS] Road to Necromancer: 6 (ネクロ育成日記: 6)

ToSランク6までもう一息。

空虚の棘森(145ID)

ToS130ID を三周済ませた時点でレベル145になってしまったので、翌日からは 145ID を回っていました。このダンジョン、パーティ構成次第で随分と難易度や所要時間が変わるので自動だと非常に辛い。

ToSバランスの良い構成ならラクに進むのかと言うとそうでもありません。この時はクリオ3のクロノが二人とリンクロとウィズエレが一人ずつ(+自分のウィズリン)というオールウィザード構成でしたが、ボスの処理に多少時間を要しただけで雑魚の処理は超スピーディーでした。

最悪なのはクレリック系列が多めの構成。何をどうあがいても火力が足りなくて長丁場になりがち。

ドバシア峠~古旗の森

ToSサクニス平原からの続き。古旗の森を抜けると大王の関門に抜けるので、カーティン森からの長いルートはこれで終了です。

アプシメスティー交差路~大聖堂(本堂~至聖所)

ToS二日か三日、145ID とシャウレイミッションをこなしてレベル160を超えたので、ソロでメインクエストに取り掛かります。

ToSこの一連のダンジョン、序盤は氷系の敵が多くガシガシ凍らされるのと、途中で何箇所かパズル的なギミックが用意されているのがちょっと面倒。特にパズルは初見ではヒントを見逃してにっちもさっちもいかなくなるということもあり得ます。

本堂のロウソクは敵を全滅させてから総当りで点ければOKです。至聖所のロウソクは左6->上1->下3->右4の順に点けるとクリア(ランダムでなければ)。

魔族収監所(第1区域~第5区域)

ToS大聖堂のメインクエストを終わらせたら、今度は魔族収監所へ。周辺地域は適正レベルの頃に開拓済みでしたのでテナンツ農場から徒歩で向かいます。ちなみに、魔族収監所の入り口自体はいつでも見つけられるのですが、中に入るには大聖堂のクエストを終わらせなければなりません。中に入ること自体はいつでもOKな模様。

ToS女神ヴァカリネ、魔族収監所の管理人さん。女神ガビアに引き続き囚われの身ではありませんが、力を失っているので収監所を維持できなくなっています。

全部で5つのマップを踏破しなければならないので意外と大変です。後半は魔法ダメージが痛い。

第2区域はグループ狩りのメッカで、クエストで指定されたエリアに大抵他のプレイヤーが居て猛烈な勢いで敵を狩っていくので非常に厄介です。しかも、今回は4部屋全てにテンプルシューターが2~3匹ずつ配置されているという最悪な状況でした。まぁ、クエスト進行中の場合は中身が居ようと居まいと気にしないでバシバシ狩って問題ありません。

マップレベルが160になる第4区域からはレベル8の経験値カードが入手できるようになります。これはランク6転職後からレベル186まで駆け抜ける時に使用します。

グリーン家の荘園~シャトン貯水区域

ToS魔族収監所突入前に通っても良いルート。ココは経験値カードも重要ですが、装備可能レベル120の有用な装備品が手に入る場所でもあります。

ToSプレート防具を使用している場合はこのインファントリーシリーズの製造書のドロップを狙います。クラスによってブーツとグローブは別のモノの方が優れているので、最低限アーマーとレギンスは揃えておきたいところ。アーマーはシャトン貯水区域のピンクルートモールから、レギンスはシャトン農場のグリーンウイングフロッグからドロップします。

それから魔法防御を上げるルーンブレスレットキーペンダントの製造書もドロップします。これら三点を揃えて装備することで、プラチナシリーズセットのボーナス込みでの魔法防御を上回る値になります。ルーンブレスレットの製造書はグリーン家の荘園のオレンジターマから、キーペンダントの製造書はシャトン貯水区域のグリーンカルカシュからドロップします。

今後の進行ルート

シャトン貯水区域まで終わらせた段階でベースレベル165、クラスレベルR5-11という状況になっています。次のダイナ養蜂地からのメインクエストもレベル160を超えているなら余裕で進められるはずですが、ここからは貰える経験値カードがレベル8になってしまうので今すぐ欲しいわけではありません。

手持ちのレベル7までの経験値カードを全て使ってもベースレベル175、クラスレベルR6-1以上にはなりませんので、もう一度 145ID とシャウレイミッションを三周ずつする必要がありそうです。そう考えると、やはりランク6までカードラッシュするタイミングはベースレベル167か168くらいが一つの目安になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>