[Division] Impression (インプレッション)

Division先週末の Free Weekend からずーっとプレイしています。

現在 Steam でセール中!

あらすじ

ブラックフライデーのニューヨークで改良された天然痘ウイルスによるバイオテロが発生。ドル紙幣を介して蔓延したことから、このウイルスは「ドルインフル」と通称されることになる。

外部から隔離され無法地帯と化したニューヨークに秩序を取り戻すため、多数のスリーパー・エージェントで構成される特殊機関「ディビジョン」が招集された。プレイヤーは「第二波」の部隊として着任するのだが…

どんなゲーム?

DivisionDivision現代のニューヨークを舞台にしたハクスラです。見た目は他のトム・クランシーシリーズのようにリアルに見えますが、中身は Borderlands や Destiny に近いです。

戦闘はカバーアクション主体の TPS となっています。武器に高倍率のスコープを付ければ一人称視点での攻撃も可能。全体的に銃器による攻撃がメインですが、スキルによる回復やタレットの設置などもできます。

ちなみに、登場する敵キャラクターは普通の人間だけで、感染者やゾンビ、おぞましいクリーチャーなどは一切出てきません。

Divisionフィールドは全てオープンワールドで徒歩移動中のエリア切り替えは無し。地下や屋内への移動もシームレスです。グループを組んでいない限り通常フィールドで他のプレイヤーとは遭遇しません。

時間経過や天候の変化もダイナミックに変化し、夜間や吹雪になると視界が遮られて戦闘に影響が出ます。

ファストトラベルはありますが操縦できる乗り物は一切登場しません。

レベル30まで

Divisionレベルキャプは30です。ココまでは各エリアのストーリーミッションやサブミッションをこなして居れば自然に到達できます。私はラストミッションの一つ手前、ロシア大使館でレベル30になりました。

全てのコンテンツはソロで攻略可能ですが、難易度は程よく高い印象です(特にレベル20前後)。適当に攻撃してるだけではクリア出来ないので、各種スキルやパッシブスキルにあたるタレントを上手く組み合わせていきましょう。フレンドが居るなら coop するに越したことはありません。二人になるだけでかなり難易度は下がります。

レベル30以降

Divisionここから本格的なハクスラゲーとなります。レベルは「ギアスコア」という装備品の数値(FF14 でいう IL 的なもの)の平均値に置き換えられ、まずは現在の最高点である256を目指す必要があります。

DivisionGS256 のギアを集めるためにはワールドクラス5でプレイする必要があり、ワールドクラス5をアンロックする為には GS224 以上が条件となります。まぁ、基本的にはその時点で選択できる最も高いワールドクラスで黄色の最上級ギアを集めていけば問題ありません。

レベル30なりたての頃が一番辛いと思いますが、ワールドクラス1になると、フィールド上にいる雑魚敵ですら紫や黄色のギアを落とすようになるので、しばらくは素材や通話記録などを集めながら少しずつギアスコアを上げていきましょう。

Divisionまた、レベル30以降も経験値を貯めることで、レベルアップの代わりに必ず黄色(or セット装備)のギアが2つ出るパッケージを貰えますので、これも活用していきましょう。

ギアスコア256以降

Divisionワールドクラス5まで辿り着いたら、チャレンジ難易度のミッションを繰り返してひたすら性能の良いギアを集めます。プレイスタイルに合わせて様々なセット装備や武器を組み合わせて、更なる高みを目指しましょう。他のプレイヤーも同様にファーミングしているので、これまでが嘘のようにマッチングは即シャキします。

武器で重視するのはタレントです。ディストラクティブ、デッドリー、フェローシャスなど攻撃力に直結するタレントが人気な模様。武器の種類は何でもプレイできますが、迷ったら AR や LMG が使いやすいのでオススメ。

防具はとにかくアーマー値を稼ぐのが最優先で、その他のオプションは後回しです。ボディ、バックパック、ニーパッド、ホルスターにはアーマー値追加のオプションが付くので覚えておきましょう。

私はようやくアルファブリッジセットが4つ揃いました。単純に「セット装備が揃っただけ」という感じで、ステータス的にはまだまだですし、他にも試してみたいセットがあるのでギア集めはまだまだ続きそうです。

現在 Steam でセール中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>