[MWO] New Skill Tree System (新スキルツリー概要)

Skill Tree Patch HedderPATCH NOTES – 1.4.115 – 16-MAY-2017
http://mwomercs.com/news/2017/05/1821-patch-notes-14115-16may2017

新スキルツリーやエンジン関連の調整を含むパッチが適用されました。

この記事では主にスキルツリー関連の概要について解説しますが、最初にその他、バランス調整、仕様変更などについて軽く触れておきます。変更点を網羅したものではありませんので、詳細はパッチノート本文をご確認頂ければと思います。

装備品と武器の変更

ECM

  • 検知妨害範囲の基礎値を75%から30%へ縮小。
  • 失われた45%分はスキルツリーで補填可能(1ノードあたり22.5%)

訳者注: ECM を装備しているメックをターゲットロック出来る範囲が広がり、実質的に弱体化されています。スキルツリーで対応するノードを取得すれば、パッチ以前の性能に戻ります。

メックの機動性

以下のステータスは装備しているエンジン出力による影響を受けなくなります。

  • 加速
  • 減速
  • 脚部旋回速度
  • 胴体旋回速度
  • 腕部稼働速度

訳者注: メックの機動性はヴァリアント毎に設定された基本値+スキルツリーによって決まることになります。特に影響が大きいのは高出力エンジンを搭載していたアサルトメック勢です。この変更に合わせて機動性に関する Quirks も削除されています。詳細は次項にて。

Quirks

Inner Shpere Quirks
https://static.mwomercs.com/downloads/05-16-2017%20Inner%20Sphere%20Quirks.pdf

Clan Quirks
https://static.mwomercs.com/downloads/05-16-2017%20Clan%20Quirks.pdf

全ての Inner Sphere Mech 及び Clan の OmniMech の CT から機動性に関する Quirks が完全に削除されました。また、武装関連の Quirks も調整を受けています。

機動性 Quirks が取り除かれた代わりに、各ヴァリアントに機動性の基本値が設定されています。

装甲や中枢耐久値の Quirks は据え置きとなっています。

スキルツリー以外の主な変更点は以上です。以下、スキルツリー解説。

用語解説

このセクションではスキルツリーの理解に必要な新しい用語について簡単に解説します。

Skill Node (スキルノード)

  • スキルツリーを構成する最小単位。アンロックすることで対応した効果が機体に付与される。

Locked/Active/Inactive Skill Node (ロック/アクティブ化/非アクティブ化されたスキルノード)

  • 初期状態ではスキルノードはロックされており、アンロックする為には 1 SP(スキルポイント) が必要。
  • アンロックされたスキルノードは直ちにアクティブ化されるが、任意に非アクティブ化することもできる(費用不要)。
  • 非アクティブ化したスキルノードを再度アクティブ化する為にはノード1つあたり 400 XP が必要。
    Skill Tree 001

SP – Skill Point (スキルポイント)

  • SP はメック毎に C-Bills と XP で購入する必要がある。

GSP – Global Skill Point (グローバルスキルポイント)

  • 所有している全てのメックに対して使用できるスキルポイント。
  • GSP は購入することが出来ず、旧スキルツリーからの返還としてのみ得られる。

HSP – Historic Skill Point (ヒストリックスキルポイント)

  • パッチ以前に所有していたヴァリアントでアンロックしていたスキルに応じて返還されるスキルポイント。

HXP- Historic XP (ヒストリック経験値)

  • パッチ以前に各ヴァリアントが所有していた XP。

Refund Ledger (返還台帳)

Skill Tree 002新スキルツリー実装に伴い、旧スキルツリーで使用した XP や GXP、モジュール購入に費やした C-Bills などが返還されています(消耗品以外のモジュールが削除された為)。内訳の詳細はパッチノート本文でご確認ください。

スキルツリーエコノミー

  • 1 Skill Node = 1 Skill Point
  • 1 Skill Point = 45,000 C-Bills + 800 XP (of any single type)
  • スキルノードを非アクティブ化 = No cost
  • スキルノードを再アクティブ化 = 400 XP

SP の購入

Skill Tree 003‘Mech Enhancements window (メックラボ画面右側) で Add SP ボタンを押すとこのの画面が表示されます。

  • 左側: C-Bills コスト無しで SP を獲得
  • 右側: C-Bills コスト有りで SP を獲得

特に理由がなければ HSP や GSP で SP を購入する方が良いかと思います。

HXP を XP へ変換

非アクティブ化したスキルノードを再度アクティブ化する為には1つあたり 400 XP が必要です。今回のアップデートで全てのメックの XP は HXP として持ち越されている為、利用するには再度 XP へ戻さなければなりません。

Historic XP Transfer の欄に XP に戻したい分だけ入力して Transfer XP ボタンを押せば XP に変換されます。

Skill Tree 004

スキルツリー詳細

基礎知識

  • 各メックでアクティブ化できるスキルノードの総数は91個
  • スキルノードの総数は237個
  • アンロックできるノードに制限は無し。
  • 91 SP を XP と C-Bills で全て購入した場合のコストは 4,095,000 C-Bills + 72,800 XP
  • 237 SP を XP と C-Bills で全て購入した場合のコストは 10,665,000 C-Bills + 189,600 XP
  • スキルノードは上から下へしかアクティブ化できない。
  • スキルノードをアクティブ化する為にはスタート地点と繋がっていなければならない。

Firepower

武装関連のスキルツリー。Range, Cooldown, Heat Gen, Velocity の項目は全ての種類武装に対して効果を発揮します。当然ながら、レーザーしか積んでいないメックで Velocity を取っても無意味です。

ノード例

High Explosive (Missile Only)
ミサイル系の武装がクリティカルヒットした際のダメージを上昇させる。

Gauss Charge (Gauss Rifle Only)
Gauss Rifle のチャージ保持時間(インディケータが緑色の時間)を延長する。

Magazin Capacity (Ballistic Only)/Missile Rack (Missile Only)
弾薬1トンあたりの弾数を増加させる。

Survival

防御関連のスキルツリー。ストレートに装甲や中枢耐久値を伸ばすノードや AMS の性能を向上させるノードがあります。

ノード例

Reinforced Casing
クリティカルヒットを受ける確率を低下させる。

Skeletal Density
中枢耐久値を上昇させる。

Armor Hardening
装甲値を上昇させる。

Skeletal Density 及び Armor Hardening の上昇率はメックのトン数によって変動し、重量が増えるにつれて上昇値も低下していきます。また、上昇率の計算は一番最後に行われる為、装甲値や中枢耐久値が上昇する Quirks を持っているメックは、持っていないメックよりも高いボーナスを得ることができます。

Mobility

機動性関連のスキルツリー。加減速、旋回速度、最高速度などを向上させるノードがあり、主に旧スキルツリーの要素で構成されています。

Jump Jets

ジャンプジェット専用スキルツリー。当然ながらジャンプジェットを装備できない or 装備していないメックで取得しても無意味です。

ノード例

Heat Shielding
ジャンプジェットによる発熱を低減させる。

Vent Calibration
ジャンプジェットの持続時間を向上させる。

Vectoring
ジャンプジェットで前方へ進む性能を向上させる。

Lift Speed
ジャンプジェットの最初のブースト性能を向上させる。

Operations

メックの全体的な性能を向上させるスキルツリー。旧スキルツリーの Cool Run, Heat Containment, Quick Ignition はこのツリーに含まれます。

Sensors

センサー関連のスキルツリー。弱体化した ECM を元の性能に戻すための Enhanced ECM はこのスキルツリーに含まれます。

Auxiliary

「オグジリアリー」と読みます。消耗品及びその他ユーティリティー関連のスキルツリー。

全てのメックの消耗品スロットは2つから1つに減らされていますが、Auxiliary ツリーにポイントを振り込むことで最大5つまで増やすことができます。また、Coolshot, UAV, Strikes を最大2つ同時に持ち込むことも可能になっております。

最後に

取り急ぎでは、最低限必要な要素をまとめてみました。本来ならパッチノートが出た時点であげるべきでしたが、正直あんまりヤル気がないので…。

ちなみに、どんなに頑張ってスキル構成を考えてもパッチ前の性能には戻りません。特にエンジンの仕様変更の煽りを受けているアサルトメックの機動性に関してはどうしようもないレベルで、諦めて Survival で微々たる耐久値の底上げを図るか、Mobility に振り込んで少しでも機動性を確保するか…という苦しい選択を迫られると思います。個人的にはしばらくアサルトメックには乗りたくない。

引き続き各方面で情報収集は進めていますが、さすがに変化が大きすぎてメタと呼べるようなものは未だ確立されていない現状です。

こういった変化によって考える余地ができたことを歓迎するコメントも見聞きしていて、まぁ…それはそうかなと思うところもあります。ただ、私は MOBA や MMORPG や Diablo Clone みたいに複雑なビルドマネージメントに頭を悩ましたくて MWO をやってるわけじゃありません。お気に入りのメックで目の前の敵メックをぶっ壊す…ただそれがやりたいだけ。

正直、このスキルツリーは私にとって煩わしいだけのコンテンツです。PTS の時からこうなることは分かっていたので、ヤル気が無かったわけです。

クリス氏が言ってる事もよく分かるんです。「どんなメックでもデカいエンジンと LPL を3つと ML を少し乗せて終わりじゃつまらない」、「メックのビルドにもっとヴァリエーションと深み(Depth)をもたらしたい」と。でも、それを実現する為のアプローチがこの複雑怪奇なスキルツリー迷路というのが残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>