[Column] Happy New Year – 2013

新年あけましておめでとうございます。

去年をざっと振り返ります。

前半はやはりDiablo 3に振り回されていました。度重なる仕様変更に加え、オークションでのにらめっこには本当に疲れました。またいつか、起動する時が来れば良いと思いますが…。


Planetside 2のClosed Betaに当選しました。Youtubeに動画を上げたり、Twitchでの配信なんかもやってみました。しかし、正式サービス後は一切プレイしていません。同時期にBorderlands 2Assassin’s Creed 3等の期待作が発売された為です。

Borderlands 2は想像を遥かに超える既視感から、Axtonで一周しただけでお蔵入りとなっています。トレハンに精が出なかったのは、きっとDiablo 3のトラウマなんでしょう。


一方、Assassin’s Creed 3残念な方向に進化してしまいガッカリしてしまいました。初代からのファンですが、2以降の流れはあまり好きになれません。特に3では戦闘が異様に簡素化され、併せて派手になったため、操作を止めて華麗なアクションを見てるだけという感じに。エンディングにも不満。


今年はパッとしないまま終わるかと思われたその時、思わぬ伏兵Chivalry: Medieval Warfareの登場です。発売当初からチェックしていたのですが、何で発売日に買わなかったのやら。Planetside 2も相当熱中しましたが、Chivalry:MWはそれに勝るとも劣らないくらい没頭しています。

どのくらい面白いかと言うと、布教の為にニコ動に動画を上げるほどです。

Steamのセールに何度か顔を出したのでプレイヤーも凄く増えましたし、今月にはメジャーアップデートも控えています。年をまたいで楽しめるタイトルです。


何だかんだ言って、ド安定ド鉄板はSkyrim。発売から1年以上経った今でもMod界隈は盛況ですし、次期DLCも待ち望まれています。The Dark Brotherhoodのプレイ日記をやっていましたが、思い出したらまた再開します。プレイ自体も日記の段階で止まっています。

Skyrimに関して残念なのは、相変わらずゼニマックス・アジアが邪魔な存在でしかないという事でしょうか。Steamを中心とした、所謂「おま国問題」は2012年も健在で、きっと2013年も解決される事はないでしょう。

ローカライズや販売の面ではBorderlands 2で2K Gamesがなかなか良い仕事をしてくれましたが、EAJ、UBIJ、スクエニ等、我が国の(主にPC)ゲーマーに対して不誠実な商売を続ける企業の方が断然多いです。

そんな中、日本ゲームユーザーナントカ?という謎の組織がひっそり設立されて少し話題になりましたね。ゲーム”ユーザー”ではなく”ゲーマー”な私達には関係ない組織ではありますが(そもそもあの組織は家庭用ゲーム機ユーザーを対象にしているらしい)、あのような連中と私達が同一視されるのはけしからん事です。

++++++++++

2013年、期待のタイトルは今のところDragon Ageの続編でしょうかね。2が大変残念な出来だっただけに、大幅なブラッシュアップを期待したいところ。

新作タイトルに関しては、現時点であまり情報を持っていないのでこのくらい。直近ではSkyrimのDLCやChivalry:MWのメジャーアップデートを待っている状態です。

去年は引越しの都合もあって、Xbox360がお蔵入りしてPCゲームを中心にプレイした、ある意味、転換期でもありました。Steamじゃ全然フレンドも居ないのでぼっちゲーマーです。360でもぼっちゲーマーでしたけども…。

それでは、2013年も沢山ゲームが出来ますように。

[Column]I Quit My Job

リアルネタは極力避けてきましたが、転機なので。

4月早々に何ともよろしくないタイトルではありますが、仕事を辞めました。

厳密には4/15付での退職となりますが、諸手続きは終わっていますのでもう会社に行くことはありません。現在は有給消化中という体です。

私が務めていたのはIT業界でSIerと呼ばれる類の会社です。所謂「独立系ソフトウェア開発会社」というやつです。ただ、その実態はほぼ人材派遣でやり繰りしているような状態で、ITスキルの必要ない職場へ飛ばされる人も多かったです。その仕事も2次請け、3次請け等の下請けばかりで、私が聞いた限りでは5次請けという案件もありました。自社で何か開発をし、それを売り込むような事は一切ありませんでした(2年前くらいからAndroidアプリをちょろちょろやってたみたいですが)。

私はほとんど開発の案件には就けませんでした。3ヶ月程度Perlでの開発の案件(というか、数年前にうちが納品した製品の改修)を少しやった程度。時期的にリーマンショックから続く不況で開発案件自体が減っていたというのもありますし、私自身が文系出身でそれほど技術的なアドヴァンテージが無かった事、そもそも会社が大きくなったのが10年以上前のガラケー全盛期に携帯電話開発で大量に社員を送りだしていた事等など。色々と複合的な要素がありました。

仕事がない間は自社で研修をやっていました。噂の社内ニートってやつですね。社会人になってから約半分以上は社内ニートだったんじゃないかと思います。もう、この時点で8割くらい腐ってました。周囲の人間も「仕事しなくても給料出てるしー」みたいなレベルの連中ばかりでしたしね。腐ったみかんのうんたらかんたら。当時は、雇用調整助成金制度もありましたので、会社としてはどんどこ研修にぶっこんでました。

結局、最後の2年間は某スマートフォンの評価業務を行なっていました。元々スマートフォンを始めモバイル機器に興味はありましたし、外資でしたので英語の読み書きが必須という事、後は当時の上司に気に入られていた事もあって白羽の矢が立ちました。このプロジェクトに行ってなければ、もっと早く辞めていたと思います。

スマフォ評価にも程々に飽きてきた去年の夏頃、急に会社の経営が不味くなりだしました。そりゃそうです、大量の社内ニートを抱えているんです。本当に出来る人は早々に辞めて仕事のある会社に転職してきますし、社員の全体的な質はドンドン落ちていきました。経営が不味くなる前からも、何度か部長や取締役が独立して別の会社を設立し、社員やプロジェクトを引き抜くという事もありました(会社への背任行為、競業避止義務違反になるので提訴される)。

あまり詳細に書くと身バレしそうなのでこの辺にしておきます。年明け早々に何度目かの社員向けの説明会があり、もう、この会社は無理じゃないかと確信しました。疑義が確信に変わった瞬間でした。その後、プロジェクト内でも色々とゴタゴタして、結局、?今の会社に残るか、?別の会社に移籍してプロジェクトを続けるか(要するに他社が自社のプロジェクトを掻っ攫う)、?辞めるかという選択を迫られる事になります。

辞めるには最高のタイミングでした。今の業務には飽いました。IT業界そのものにも良い思いはありません。このままココで働き続けたところで何かしら技術的な進歩が望めるわけでもありません。社内ニートに戻って、沈みかけた船に残るなんて最初から選択肢にありません。また、年齢的にも別の道へ転進するなら今しか無いというタイミングです。

プロジェクトメンバーの大半が?の道を選びました。とりあえず?を選んで転職活動して早いうちに辞めるという人もいました。私もそうすれば良かったかもしれませんが、そのままダラダラ居続けて時間を無駄にしてしまうのではないかという恐れもありました。この辺の立ち回りはかなり熟慮しましたし、両親とも何度も話し合いをしました。

どうするのがBetterなのか…恐らく答えが分かるのは数年後になるでしょう。

今後についてですが、実家に戻って元居た畑…法律関連の方面に進もうと思っています。1年で脱出できればめでたしめでたし。しかし、そんなに甘いもんじゃないのである程度は覚悟しています。IT業界に未練がないと言えば、まぁ、嘘になるのかもしれませんが、業界で働きたくはないという気持ちの方が遥かに大きいです。業界を語れるような仕事はついにさせてもらえませんでしたけどね。

それと、やっぱり会社の体質がブラックだったんですよね。有給は取れないし、1年目の時は退職勧奨という名のパワハラもありました。1年目の2月から3月にかけて、そうやって圧力を受けて週に一人、部内の人間が辞めていってました。原因がパワハラなのか過労なのか知りませんが、自殺者が出たという話も聞いています。でも、某和○に比べればヌルいかもしれませんね。社長のビデオレターなんてありませんでしたし。

社員は使い捨てです。個々の社員の成長よりいくら単価が付くかの方が重要です。だから、スマートフォン評価なんて何の技術的成長も望めない場所に4年も5年も同じ人間が入ってるんです。入社してからその職場しか経験してないという人も居ました。もう、他では使いものにならないです…特に開発とか無理です(本人の努力次第だけど、それでもひどい話)。単価が上がるならお客さんに嘘の業務経歴書も平気で出すし、年次だって2つくらい水増ししてます。お客さんも分かってるんだろうけど。単価の契約じゃない場合は、出来るだけ少ない人数で開発をやろうとします。これは業界じゃ普通なのかな?でも、残業代は出ないから…。

今日、初出社の新社会人がココを見ているとは思えませんが、死なない程度に頑張ってください。そして、やり直すなら早いほうが良いです。せっかく勝ち取った貴重な内定でしょうけど、仕事にやり甲斐を見いだせないまま40年近くもその会社で過ごすのは勿体ないです。私だってもう数年早く、余裕をもって辞めていればもう少し選択肢があったかもしれません。

これは業種問わずですが、会社がいつ、どうなっても良いような”スキル”を備えておくというのは大切な事です。それは今回身を持って経験しました。大昔のように、会社に帰属するだけの時代は終わりました。いくら貴方がまじめに働いていても会社給料を出さなくなりますし、希望退職者を募ったりリストラしたりしますし、最後には潰れます。そうなった時、何を頼りに次の道を探すか、です。技術、経験、人脈…もし、3年?5年程度働いて、これらが得られていないなら、転職を考えたほうが良いのではないかなと思います。得られなかった原因は会社にもあるかもしれないし、貴方自身にもあるかもしれないし、その両方かもしれません。理由が何であれ、それは貴方が別の道を探すきっかけとしては十分過ぎる理由です。

[Column]Do I Always Connect Someone?

Twitterの話。

kumafireさんのお話を聞きつつ。

Twitter始めてどれくらい経ちますか。
Tweet数は10,000を超えたところです。

元々アカウントを取ったきっかけは、情報収集が目的でした。
ただ、他のブロガーの方などからFollowされるに従って、
コチラからもつぶやくようになりましたね。

私は非常に熱しやすく冷めやすいタイプで、最近はつぶやく回数も落ち着いてると思います。
なんといっても、面倒であるという理由からTL消化という作業もテキトーになってます。

朝起きて、サーっと上まで流して、お昼休みにサーっと流して、帰りの電車でサーっと(ry

ちょっと前までは真面目に全部読んでたんですよ。
Follow数が増えてTLがカオスになっているというのもありますが、
それ以前に消化にかけた時間に対する見返りが少ないなと。

まぁ、時差の関係で海外のユーザのTweetはちゃんと追うようにしてますが。

TLはナマモノです。
正直、四半日も経てば鮮度が落ちる。
だから、読んでも意味が無い事が多いなぁと思っています。

Follow数が多いと言ってもまだ二桁ですし、何百ものユーザをFollowしちゃうと、
色々と取捨選択が必要になるんだろうなーと思いますね。

一つ、非常に大きいのは、私はオフ(リアル)の知り合いと一切ネットで付き合わないという点です。
Twitterに関しても、オフで会ったことのある人は居ませんし、知人、友人との関わりもありません。
過去から現在に掛けて、色々なネトゲで知り合った人ともお会いしたことはありません。

そもそも、私にとってネットは現実逃避の一つの手段ですから、
そんなトコにまで面倒くさい人間関係を持ち込みたくないわけです。

ネット上の知り合いの方々とオフで会った瞬間に、その関係は「面倒くさい人間関係」に
なってしまう可能性が高い。それが悪いとは言いません。得るものも多いでしょう。

しかし、敢えてそうなるべきか否や?

否。

私はSNSを通じていつも誰かと繋がっているわけではありません。
ネットでは「Konev」というペルソナを使い分けているに過ぎません。
ただ、Twitterによってその辺の境目が曖昧になってきたな、良くないなとは思っています。
Tweetの数が減り、内容が他愛もない事になり、このブログの更新が徐々に増えている、
という事は、「Konev」という仮面の再構築中なのだろうと、そう思うわけであります。