[Neverwinter] First Impression

5/1から Neverwinter の Open Beta が始まりました。アクション重視の MMORPG を謳っていてクリックゲーではありません。

F2P なので落ち着いてからプレイしても良いかも知れませんね。初日なだけあってログイン待ちが結構長いです。まぁ、ログインゲーもネトゲの華と言いますが。しかし、目立ったサーバートラブルも無く暫く待ってればすんなり入れるので、この点はなかなかやるなーと。

世界観は D&D の Forgotten Realms を用いています。私はこの世界についてあまり詳しくなくて、 Baldur’s Gate 2 を少しプレイした程度です。キャラメイクの際に出身地や信仰を決める項目がありますが、残念ながら適当に選んでしまいました(ステータス等には影響ないらしい)。

肝心の戦闘ですが、左右のマウスボタンにコスト/クールダウン無しで使えるスキル “At-Will” が割り振られています。基本は左クリックで通常攻撃、右クリックは特殊攻撃という感じです。私が選んだ Great Weapon Fighter の場合、左クリックホールドで単体攻撃を繰り返し、右クリックは溜めが必要な範囲攻撃になっています。このクラスのインプレは後述します。

Q、R、Eキーに割り振られるのは “Encounter” という種類のスキルで、使用後に一定時間クールダウンタイムが入り、連続使用の出来ないタイプになります。レベルが上がると4つ以上習得できるらしく、どのスキルを3つセットするかで戦い方が変わってくるのでしょう。

1、2キーには “Daily” が割り振られます。一日に一回しか使えない訳じゃありませんが、画面下中央のオレンジ色のゲージが満タンの時にしか使用出来ません。ここぞという時に使う必殺技とでも言いましょうか。オレンジのゲージは通常攻撃で溜まるようです。レベルが上がると3つ以上習得できるそうなので、その中から2つ選ぶ必要があります。

WASD+L-Shift でクラス毎の回避行動を取ります。Fighter は回避というかスプリントになるので避けている感は無いですし、咄嗟の回避行動は取りづらいです。

回避するポイントとしては、上のSSのように攻撃予測地点が表示されるような場合が一番避けやすいかと思います。大抵、強力でノックバック効果のある攻撃が来ます。他には範囲攻撃ではないけれど、溜め攻撃をしてくる場合がありますので、それも極力回避した方が良いですね。ただ、微妙にラグいので、赤い範囲から出たつもりでもギリギリで攻撃を受けてしまう事があります。

戦闘に関してはこんなもんで、アクション重視と言ってもそんなに難しいわけではないし、かと言って単調なクリックゲーでもないし、それなりに良いバランスなのかもしれませんね。スキルも少しずつ増えていきますので、順番に使いながら癖を覚えて使いどころを身体で覚えていく事が出来ます。

レベル9までソロでプレイしましたが、楽ではありませんでしたね。戦闘は基本的に複数の敵を相手にする事になります。概ね3-4体といったところ。雑魚に混じって少し強い敵が居ることもあるので油断なりません。ボス戦でも当然のように取り巻きの雑魚が出てきます。

ダンジョンは基本的にインスタンス形式で、他のプレイヤーから干渉される事はありません(一部、オープンな戦闘フィールドもあります)。街はオープンで沢山のプレイヤーで賑わっていました。

最近はこの形式が増えましたね。無駄な移動やクエスト対象の沸き待ちが無くなった一方、広大なマップを探索する楽しみやフィールドでの一期一会も無くなってしまい、古参プレイヤーとしては寂しくもあります(…そんなに古参でもないけど)。

Great Weapon Fighter は Melee DPS クラスです。範囲攻撃に特化している印象で、両手武器をブンブン振り回して一度に多くの敵にダメージを与えます。一方で単体攻撃用のスキルが乏しく、今のところボス戦では延々と通常攻撃を繰り返すばかりになります。基本的に複数の敵を相手にする事が殆どなので戦いやすいクラスではあります(他のクラスを触ってないので断言はできませんが…)。

前述の通り、回避スキル Sprint が微妙に使いづらいのが気になっています。防御力が低いわけでは無いので他のクラスほど回避は重要じゃないのかもしれません。Sprint は主に敵との距離を詰めるのに使っていましたが Mighty Leap を習得してからは更に使いどころが無くなってきました。

他の種族、他のクラスもプレイしてみたいのですが、無課金だとキャラクターは二人しか作成できません。クラス紹介動画を見た感じだとクレリックが面白そうなので、二人目はドワーフのクレリックでも作ってみようかと思っています。

サーバーは “Dragon” でプレイ中です。