[PSP]Research

剣闘士 グラディエータービギンズ
http://gladiator.acquire.co.jp/index.html

4亀の記事を見たときから思ってたんですが、これって・・・


GLADIATOR -ROAD TO FREEDOM-

http://www.ertain.com/ja/products/ggr/gladiator/

そっくりじゃんと。発売元がアクワイアになってますが、開発が同じ娯匠。

んで、よくよく調べてみると、一応続編と言う位置づけのようです。前作の10年前のお話とのこと。システム周りもチョコチョコ弄られているみたいですが、まだあまり情報が出てませんねぇ。

購入予定に挙げた理由ですが、このPS2版が非常に面白かったからです。当時はあまり話題にはなりませんでしたが、個人的にはPS2タイトルの隠れた名作だと思ってます。通常版も買いましたが、後に発売されたリミックスも買いましたしね。

と言うことで、PSP購入予定のタイトルの中で、最も手にする確率の高いタイトルです。PS2をお持ちの方は、おそらく安くなってるであろう中古品を探してプレイされてみることをお勧めします。

[Mobile]Battery Problem

5連休を使って、旅に出ていました。

そこで、Touch Diamond大活躍だったのですが、やはりバッテリーの問題が付きまとうことになりました。

主な用途としては、GoogleMapを使った位置検索やインターネットでの情報収集。そして、デジカメとしても運用してました。ケータイについているカメラより綺麗に撮れることが判明したので。ま、AF音、シャッター音がデカイのはご愛嬌と言うことで(苦笑

当たり前ですが、どうしてもネットワークに接続するときに、激しくバッテリーを消費してしまいます。バッテリーのキャパは仕方がないので、予備のバッテリーを携帯するのが賢いんですかねぇ。充電セットを持ち歩いていても、いつでもどこでも充電できるわけではありませんし。

[Demo]WET

北米マケプレに体験版が来ていたのでプレイ。

久しぶりに向こうのマケプレ覗いてみましたが、相変わらず素晴らしいラインナップですね。体験版もオンデマンドも。。。

さて、本題。

最近のタイトルで言うとストラングルホールド的な、バレットタイムを使ってガンガン敵を撃ち殺していくゲームです。ジャンプしたり、スライディングしたり、壁走りしたりしているときにトリガーを引くと、自動的にバレットタイムが発動。左手の銃だけはオートエイムで自動的に敵に照準が合い、狙っている敵には赤いレクティルが表示されます。右手の銃はフリーエイムなので、左で狙っている敵に集中砲火浴びせても良いし、別の敵を狙っても良いでしょう。

ちなみに、バレットタイムは使い放題です。この手のゲームだと、スローモには自然回復するゲージを消費するケースが多いのですが、これは良い配慮ですね。

最後のカーチェイスのとこは、割と面白かったです。いわゆるQTE方式なんですが、無駄に難しい操作は求められず、どちらかと言うと魅せる方に注力して作られている感じを受けました。

レイジモード(?)は自分で発動させるのではなくて、イベントで勝手に発動するのかな?それはちょっと残念な感じです。まぁ、レイジモードの時はかなり圧倒的なので、それに合わせた敵の配置が必要だったのかもしれません。

[Xbox360]Rated…D or Z?

よっしゃー!!今日はWETの発売日だZEEEEE!!!!

wet

プラットフォーム:Xbox 360®
価格:未定
発売日:未定
CEROレーティング:審査中

ちょい不可解ですねー。日本のベセスダがやってるのはローカライズだけなはず。PS3版が発売できるのに、なぜ360版は発売日すら決まってないのでしょうか・・・。

で、気になるのがCEROレーティング審査中の文字。2chのスレによると、PS3版では部位欠損等のゴア表現が い つ も の 如 く 規制されているようです。360版だけZ指定で規制なし発売とかないかなー。ないよなー・・・。

[Mount&Blade]Mount & Blade

ちょっと放置しすぎですな。

まぁ、ネタがないとも言いますが。

AIONは先週の土曜で二回目の課金が切れたので一先ず放置することにしました。来月の中旬に大型アップデートがあるようなので、そのタイミングで復帰するかもしれません。

代わりと言っては何ですが、久しぶりにMount & Bladeで遊んでいます。製品化されてからは初めてかな・・・?

ご存じない方にご説明しておきますと、Mount & Bladeは元々トルコ人の夫婦が作成を始めたインディーズタイトルでした。私がこのタイトルを知ったのは数年前でしたか・・・4亀の体験版紹介記事がきっかけです。当時はまだベータ版ということで、色々と作りこみの甘さも目に付きましたが、ファンタジー色を排した中世欧州っぽい世界の雰囲気の中で、馬を駆り、賊を退治して名を挙げ、傭兵団を結成してブイブイ言わせたり、君主に仕えて戦争に興じたりと、ゲームの要素自体は非常に面白いものでした。

私は全然読んだことないんですけど、鷹の団ごっことか面白いかもしれませんね。

また、海外のコミュニティでは、洋ゲーではお馴染みのMODが大量に作られ、公式フォーラムは大いに盛り上がっておりました。また、日本の中でも2chを中心に熱心なコミュニティが立ち上がり、ベータ版の頃から既に日本語化MODが存在するほどでした。

そんなこんなで、Hearts of Ironシリーズなどで知られるParadox Interactiveが正式にパブリッシャーとなり、めでたくパッケージ化されるまでに至りました。更に更に、近々拡張版発売の予定もあるそうで、なかなか頑張ってます。

しばらく無印を遊んでいたのですが、今は色々と調べて私が知らないうちに登場したLords and Realmsという大型MODで遊んでいます。騎乗戦闘が楽しい本作ですが、今回はあえて歩兵プレイに挑戦。とは言っても、序盤はマゾ過ぎて話しにならないので、自分の部隊の強化が進んでから馬を捨てました。

予定通り、バイキング風国家であるノルド王国へ仕官したところでプレイは止まっています。両手の塞がるアクションゲームなので、なかなかSSを撮ることが出来ません・・・。動画撮影して切り出す方が簡単かもしれませんね。

最近の流行MODはProphesy of Pendor(PoP)ってやつみたいですね。今のMODが落ち着いたら触ってみようかと思います。キャラのエクスポートは簡単ですしねー。