[Borderlands2] First Impression

遂にBorderlands2日本語版がSteamで解禁されました。海外ロンチから1ヶ月以上も待ちぼうけをくわされたおかげで、熱は少し冷めてしまいました。

実は…というか周知の事実ですが、海外ロンチ時、既に日本語字幕と音声は収録済みでした。ですので、360やPS3では海外版を購入して普通にプレイしていた方も多いかと思いますし、SteamでもUKやUSリージョンのキーでアクティベーションした方もおられたかと思います。

私はと言いますと、普通にSteam上で日本リージョンの製品を予約してしまったのでこの有り様です。尤も、海外の別荘に行ってそこからプレイすればよかったわけですけどね。

さて、小言はこのくらいにしてインプレを書いていきましょう。

選択したキャラクターはAxtonです。前作で最初にプレイしたのがRolandだったので、これは発売前から決めていた事です。ただ、予約特典で5人目のキャラクターであるGaigeも使用可能なので少し迷いました。

タレットは途中で回収が可能です。また、取得したスキルによって見た目も変わるみたいです。

ゲーム性は前作を踏襲していて、一部Borderlands1.5などと揶揄されていますが、Dragon Ageの悲劇を目の当たりにした私にとって、あまり大幅に変更がされていないのは良い点だと思います。武器の操作に関して気になるところは、リコイルコントロールが上手く出来ないところです。普通のFPSであれば上や左右に一定のリコイルが生じることが多いですが、本作の場合、上下左右のあらゆる方向にブレます。リコイルというよりランダムなブレなのでコントロールが難しいのです。

敵は人間型の敵が積極的に物陰に隠れたり、ローリングで回避を試みたりするようになって、銃撃戦の楽しさは増しています。が、前作よりマシ、というレベルなので過度の期待は禁物。

銃の種類は相変わらず豊富で、ギミックも前作より凝ったものが多くて、見たことのない銃はとりあえず試し撃ちしたくなります。ただ、序盤は武器のドロップが偏っているようで、スナイパーライフルは皆無、アサルトライフルは少ししかてにはいりません。代わりにハンドガンがドンドコ落ちます。ちなみに、本作からリボルバーとハンドガンは弾薬が共用になっています。

ストーリーは前作から続いていて、お馴染みのキャラクター達が相変わらずのノリで出迎えてくれます。前の主人公たちも登場しますし、前作を楽しんだ人は問題なく楽しめるでしょう。シューターとしては相変わらず微妙なので、そこを求める場合はよく考えてから開発した方が良いかと思います。

[Planetside2] Lightning review

Lightningは搭乗人数一人の軽戦車で三つの陣営で共通の車両です。防御力や火力はメインタンク、NCであればVanguardに劣りますが、機動性が高くスピードを生かした電撃戦を得意とします。車高が低く、遠くから狙いにくいという特徴もあります。コストや再配備に必要な時間もメインタンクよりも少ない上、操作も難しくないため航空機を含めた乗り物の中で最も運用が容易です。

初期装備のC75 ViperはHEAT弾を6連射出来るLightningを象徴する装備だと言えます。HEAT弾は対人にも対戦車にも使える汎用的な弾頭なので、迷ったらとりあえずC75 Viperを装備して出撃しましょう。

しかし初期装備ということもあり、中途半端なところは否めません。歩兵に対しても一撃で仕留められるような威力は持っていませんし、爆発範囲も微妙。車両に対しては更に火力不足を感じます。弾速は遅く、発射から弾が落下を開始するまでの距離が短く、命中精度も決して高くありません。つまり、遠距離での砲撃戦にはあまり向かないのです。

Lightningの追加武装としてよく見かけるのは、この対空砲Skyguardだと思います。今のところ、地上から航空機に対して効果的なダメージを与える方法が限られている為、LightningにSkyguardを搭載して移動式の対空砲として運用するのは効果的です。

Certに関してはまだまだ取得していないものが多いため何とも言いようがありませんが、それほどコストの掛からないSkyguardを目指して運用シーンの幅を広げるのは良い選択かと思います。追加装甲はメインタンクに比べて割高なので、ちょっと取得しづらい印象です。

一方、パフォーマンス関連のCertはコストが低めなので、最高速度や旋回性能を上げて機動性を伸ばす方向で強化していく方が良いのかもしれません。

Utilityは近接レーダー以外はそれなりに役に立ちます(ポイント注ぎ込めば便利なのかも…)。特に消化システムは載せていると生存率が上がりそうな気がします。取ってないので断言は出来ませんが、火が付いて為す術もなく破壊されてしまう事が結構あるので…。

今後もできる限りLightningを中心に運用しながら、溜まったCertで色々取得して性能を試していくことにします。

[Planetside2] 20th November, 2012

記事は書いていませんでしたが、動画はちょこちょこアップしています。最近はLightningを使用することが多いですね。

ロンチ日が11/20に決定しましたが、まだまだオカシイ挙動の箇所は多いですし、占領システムや武器のバランス調整、人口バランス問題などコアな部分も手を加える必要があると思います。SOE側もその点は認識しているようですが…。F2Pモデルなので、多少見切り発車しても問題ないと考えているのではないかと邪推してみたり。

更に、ロンチまでに新大陸Amerishも追加すると言います。あと一ヶ月でどこまで出来ることやら。

リソースの仕様が変わったのと、当初はMedicのCertや武器を取っていたのとでBattle Rankの割に中途半端な感じになっています。Certは振り直しが出来ないのがちょっと辛いです。

それなりにβをプレイした中で、私はやはりEngineerが向いてるように思います。次にWipeがあったら、Engineerでサポートに徹してCertを稼ぎ、それを乗り物に投資していくスタイルにしようかと思っています。

[Planetside2] Esamir is coming!!

大きなパッチが当たり、新大陸のEsamirでプレイできるようになりました。早速、動画を撮ったので載せておきます。

今回のパッチでキャラクターが削除されたり、新しい武器がショップに追加されたり、色々と手が加わっているようです。また、ストレステスト実施の為、サーバーがUSとEUで一つずつしかありません。現在、新規でキャラクターを作ろうとするとサーバーがFullで入れないような表示がされますが、キャラクターは作成できますし、サーバーに入ることができます。

その他、他にも不具合はあるようです。詳しい日本語の情報はhttp://planetsidecats.blog.fc2.com/blog-entry-714.htmlこちらを参考にしていただければ良いかと思います。今回のパッチの内容も同サイト内の記事で確認できます。

なかなかどうして、Planetside2がマイナーなのか、日本語のWikiは全然情報がありませんし、Youtubeはともかくニコ動にもあまり動画は上がっていません。じゃあ、手前がニコ動に上げろって話なんですけどね。並行してあげるのがめんどくさry