[Skyrim] Werewolf Overhaul Mods


Werewolf Overhaul Mod もいくつかありますが、今回は “Moonlight Tales – Werewolf and Werebear Overhaul”“Werewolf Mastery” の二つを導入してみました。この二つの Mod の作者は異なりますが、完全な互換性を持っているそうです。

[Installation]
どちらか一つをインストールする場合はいつも通りで良いのですが、二つともインストールする場合は少し手順が異なりますので注意しましょう。

1.Download
Moonlight Tales – Werewolf and Werebear Overhaul
http://skyrim.nexusmods.com/mods/35470/
執筆時点では “Moonlight Tales Main 2_05″ というファイルが一つしか上がっていませんので落とします。 Skyrim Mod データベースには Dawnguard と Dragonborn が必須とありますが不要です。

Werewolf Mastery
http://skyrim.nexusmods.com/mods/25392/
こちらはオプションファイルの “Werewolf_Mastery_v3_0_and_Moonlight_Tales_v2_05_Compatibility_version” というファイルを落とします。メインファイルは不要です。

2.Install
最初に Moonlight Tales からインストールします。

次に Werewolf Mastery をインストールします。上書き確認のダイアログが出たら Yes を押します。

最後に NMM 等で WerewolfMastery.esp だけにチェックを入れます。 Brevi_MoonlightTales.esp にはチェックを入れてはいけません。

3.Let’s Play!!
SKSE 経由で起動して遊びます。 Moonlight Tales は SkyUI の MCM に対応しています。

[Features]


MCM の項目数の多いこと多いこと。色々と弄ることが出来ます。


一般的な設定を行います。

Aela, Farkas & Valkas Support はよく分かりません。彼らの変身を許可するオプションでしょうか?

NPC Infections は Werewolf を感染させたり、逆に感染させられたりする機能を切り替えるオプションです。不死属性の付いていない NPC なら感染させて Werewolf にすることが可能です。

Werewolf Aftermath Re-Equipper は人間に戻った際に自動的に元の装備を身につけてくれる機能です。変身を解いて一呼吸置いてから装備が戻りますね。

Cooldown は人間に戻った後に再度変身できるまでの時間です。一日一回の制限は無くなりますので変身し放題です。


サウンド関連の設定です。特に強制変身時の設定みたいです。


月関連の設定です。

Moonlight Tales の特徴の一つは月齢による強制変身です。デフォルトでは満月の夜は100%の確率で勝手に変身してしまいます(他の月齢でも5%の確率)。街中だろうと会話中だろうとお構いなしです。寝てる場合にどうなるのかは試してないので分かりません。


強制変身が始まると視界がぼやけ鼓動が激しくなります。暫くすると主人公は膝を付き、少し苦しんだ後に Werewolf へと変身してしまいます。

この強制変身の設定は Hircine の指輪を装備している時に弄れるようになります。一日一回の回数制限は既に撤廃されているので、このアーティファクトに意味をもたせる為の処置ですね。尤も、指輪がなくても設定は変更できるんですが、せっかくのロールプレイ要素を自ら捨ててしまうのも野暮じゃないですか。

ちなみに、現在の月齢もこの画面で確認できます。


Werewolf のスキンも MCM で変更できます。この設定だけは実際に Werewolf にならないと変更できません。


Vanilla Model/Timber/Glowing Yellow だとこんな感じ。


野良 Werebeast や ハンターが出現するイベントの設定です。まだ出くわしてないのでどんな感じになるのか分かりません。野良 Werebeast が出てくるので、 NPC からプレイヤーに対しての感染を許可していれば Companions に入らなくても Werebeast になれるチャンスがありますね。

残りのトラッカー系はよく分かりません。最後のデバックの項目も使ってないです。強制的に Werewolf に感染したり NPC のイベントをスタートさせたり出来るようです。

SS 撮り忘れましたが Music は変身時の音楽を差し替えるかどうかの設定です。オリジナルの曲みたいですね。あまり聞けてないですが。


次は Werewolf Mastery の機能。

Werewolf 状態の時に非戦闘モードに移行(武器を構えるキー)し、パワーを使うとこのダイアログが出ます。できることは、能動的に人間に戻る、ナイトアイ On/Off、 咆哮の切り替え、 Perk Tree の表示の四点。最高に便利なのは、言うまでもなく人間に戻る機能ですね。もう、ひたすら待機を繰り返す必要はありません。


Perk Tree は DG で追加された公式のツリーとは別枠のものです。範囲攻撃や装甲無視などえげつない感じになってます。ポイント溜まってないから取れませんが。


もう一つの機能は Werewolf の能力の設定です。まず、設定メニューを開くパワーを得るための指輪を作成します。指輪を装備すると自動的にパワーが選択されるので使用するとダイアログが表示されます。


設定の項目は以下のとおり。

1.Werewolf boost
– アーマー値
– 魔法抵抗
– 攻撃力
– ヘルスとスタミナ
– ヘルス自然回復量

2.Beast form settings
– ルート可否
– NPC が敵対するか否か
– 変身時間
– 変身中に周囲の敵が恐怖状態になるか否か(レベル15から)
– 変身中にヘルスが回復する量

3.Human form settings
– 変身クールダウン(MTとどちらが優先か不明)
– オオカミが敵対するか否か
– 人間と時も銀武器に弱くなるか否か
– レストボーナスの有無

MCM 登場以前のダイアログ方式での設定です。項目の中には強化/弱体化の段階が設けられているものもあります。

———-


上記 Werewolf 関連と Alternate Start – Live Another Life を入れて新規で始めました。スタートは Companions の新メンバーで開始したのでドラゴンはまだ出現してません。敢えてメインはしばらく放置しようと思います。

Werewolf になって間もないですが満月での強制変身や Werewolf になった Companions メンバーとの共闘を体験できました。特に Werewolf での共闘はなかなかアツいですよ、これ。今までは一人で変身してしょぼーんって感じだったので。

NPC はお食事しないので時々人間に戻ってますが、戦闘が始まれば再度変身して戦ってくれます。会話ダイアログから変身するかしないかを指示できるので、不意に衛兵の前で変身してしまったりする事は避けられます。正式な Follower でなくても指示可能なようです。

Werewolf Mastery では Werewolf の基本能力値をダイレクトに底上げできますので、設定次第では強くなりすぎるかもしれませんね。様子を見ながらの調整が必要でしょう。また、他の Mod と重複している項目もあり、効果が累積するのか、どちらが優先されるのかなど不明です。他の Mod で設定できる項目は極力 Vanilla のままにしています。

原因が MT か WM か Alternate Start か分かりませんが、導入直後はやや CTD が増えました。暫くプレイを続けていたら落ち着きましたが、今後も安定するかどうか心配です。

2 thoughts on “[Skyrim] Werewolf Overhaul Mods”

  1. はじめまして!
    Werewolf_Mastery_v3_0_and_Moonlight_Tales_v2_05_Compatibility_version”
    がDG必須みたいです;

    1. とても参考になりました!ありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>