ffxiv

[FFXIV] Labyrinth of the Ancients

「クリスタルタワー」はパッチ2.1での目玉コンテンツの一つです。24人で挑むレイドダンジョンとなっていますが、難易度は難しすぎず、割と気楽に参加できる雰囲気です。

装備の目安としては防具はフルDL以上、武器はガル武器以上なんて言われていますが、武器に関してはイフ武器の人もチラホラ見受けられます。逆にレリック・ゼニス、極蛮神武器、アラガン武器を持ってくる人も多いですし、ほとんどの場面で他のチームからの加勢も受けられますから火力不足に関してはあまり気になりません。

現状、24人集めて突入することが出来ないため、8人のフルパーティーを組んでから CF に申請するのが主流になっています。勿論、ソロの状態で CF に申請することも可能ですが、ロールによってはマッチングまでに時間が掛かってしまう恐れがあります。クリスタルタワーの募集は頻繁に行われていますので、募集要件を確認してみて、良さそうな雰囲気のパーティーに参加したほうがスムーズに参加できるんじゃないでしょうか。タンクの負担もそれほど重くないので、極蛮神戦のように延々とタンク待ちという状況は稀です(タンク参加の入り口を狭めてる募集もありますけどね)。

報酬が得られるチャンスは全部で4回。全てIL80の防具でタンクとヒーラー、黒魔道士/召喚士はそれぞれ共用、竜騎士、モンク、吟遊詩人は専用防具が用意されています。

これらの報酬は一週間に一つしか獲得することが出来ず、一度入手するとリセットされるまで Need も Greed も出来ません。一種類あたり6箇所ありますから、最短でも六週間かけないとコンプリートすることは出来ません。尤も、現実的には防具の更新過程にIL70防具やIL90防具と組み合わせて使用していく感じになるでしょう。

週一制限があるため、メンバー募集の段階で欲しい装備を予約しているケースがあります。ロット勝負にならないようにする為の措置ですね。そもそも、宝箱から出現しなければ予約もへったくれも無いわけですが。

何となくですが、DPS は異様に遠隔ジョブが多くなるので、竜騎士やモンクの装備は集めやすいんじゃないかと思います。現に、タンクで参加してモンク装備を二点獲得していますし。詩人はともかく、召喚士と黒魔道士は共用なので熾烈な争いになってるんじゃないでしょうかねぇ。

防具意外にもアラガントゥームストーン哲学200神話50も貰えます。ワンダ/アムダより沢山貰えますし、個人的にはアムダよりはクリスタルタワーの方が簡単だと感じているので、その週の防具取得後も哲学/神話目的で通っています。クリスタルタワーの入場回数自体に制限はありませんので、神話の取得制限まで通うも良し、目的のものが出るまで粘るも良し…あぁ、ブレフロオンラインを思い出して目眩がしてきますな。

突入後、ランダムでアライアンスA、B、Cに振り分けられます。当然、パーティーを組んで突入した場合は、同じチームになります。現状、各チーム毎に担当する仕事が決められており、役割分担は暗黙の了解のうちに進んでいきます。Bに当たると落胆の声が聞こえますが、別に特段面倒だったり難しかったりするようには感じません。ボス戦でメインタンクを受け持つので、タンクとヒーラーにプレッシャーが掛かるのは否定しませんが…。まぁ、ボス戦で全滅する時ってAかCの対応が不味い時も多いですから、A、B、C、どれかが極端に難しいという事もありません。

細かい攻略手順は割愛しますが、初見歓迎のパーティー募集に乗ればギミックの概要なんかはざっくり説明してもらえると思います。初回、私は予習なしで参加しましたが、特に大きなトラブルに見舞われる事は無かったような。最初は意味不明でも何度か参加するうちに分かってきます。

ダークライト装備取得へのハードルがグッと下がっていますので、武器の問題さえ解決すれば参加は容易です。人数が多い分、一人あたりの負担は軽く、最低限のギミック理解さえあれば、冒頭でも述べましたが少々火力が足りなくても問題無いんじゃないかと思います。一部各チームが分断されてしまう場所がありますが、殆どのエリアは3チーム合同で進みますので、万が一火力不足で全滅してしまうケースがあっても、余裕のある他チームからの加勢を受けられます。

ちなみに、このクリスタルタワーってFFIIIに出てきたダンジョンらしいんですが(報酬の防具やボスもそうなのかな?)、私は昔のFFを一切プレイしていないので懐かしくも感慨深くもないんですよね。何だか少しだけ損をしているような気にもなりますが、今から昔のFF遊んで楽しいのかってのも疑問なので、深く考えないようにしたいと思います…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>